保毛尾田保毛男とLGBTとタイ 2

前回LGBTとはなんぞやと下手な説明をさせて頂いたんですが、

今年の前半にLGBT先進国タイには18の性別があるなんていうまとめやニュースが沢山ネット上に有りました。

東京都渋谷区で全国で初となる同性カップルに対して、「結婚に相当する関係」と認める条例案が提出されたことが話題となっている。同性婚は、世界的に見れば性的少数者の権利保護は進んでおり、アメリカの一部の州の...
東京都渋谷区で全国で初となる同性カップルに対して、「結婚に相当する関係」と認める条例案が提出されたことが話題となっている。 同性婚は、世界的に見れば性的少数者の権利保護は進んでおり、アメリカの一部の州のほか、カナダ、フランス、イギリス、北欧各国など先進国の多くで認められている。 さらに、インド、パキ...
 「LGBT」という言葉をご存知だろうか。

性別って2つじゃないの?って思われる方が多々居る一方、最近はどちらにも属さない性別が社会的に認知されつつあると思う方といろいろだと思います。日本語の性別という単語を狭義で捉えるか広義で捉えるかで意見は分けるのではないでしょうか。

日本語の性別は英語のSEXとGENDERの両方を表す言葉です。

SEXは生物学的性別の事です。

単純に雄か雌かという事です。

海外旅行で記入する各国の入国カードではSEX欄には男か女と書きますよね?

雌雄同体とか両性具有なども有りますが基本、雄か雌か(男か女か)を表す言葉がSEXです。

ビートたけしのネタのに村田英雄はアメリカへ行ってSEX欄に週1回書いていたと言うのがありますが。。。

Photo credit: Thomas Hawk via VisualHunt.com / CC BY-NC

さて、GENDERとは社会的・心理的性別の事です。

ジェンダーとは、ある社会において、生物学的男性ないし女性にとってふさわしいと考えられている役割・思考・行動・表象全般を指す。男性にとっては男らしさであり、女性にとっては女らしさである。男らしさや女らしさとは、本来、生物的な男性・女性が社会的にいかにあるべきか、という価値観の問題である。そのため、生物的性と社会的性は同一視すべきではないものの、相互に深い関わりを持つ。

出展:wikipedia

日本では一般にSEXは性交を指すため日本語では明確に社会的・心理的性別としてGENDERを使いますが英語ではSEXとGENDERは補完しあう同意語である場合も多いです。

性別と言う言葉がSEXとGENDERの二つの意味を含んでいることを理解して頂ければタイの18の性別と言う物がすんなり頭に入ってきます

タイの18の性別とは

男性:女性が好きな男性
女性:男性が好きな女性
トム:男装をした女性で、女性もしくはディーが好き
ディー:男っぽい女性やトムが好きな女性
トムゲイ:女性、トム、ディーのすべてが好きな女性
トムゲイキング:トムが好きな男っぽいトム
バイ:バイセクシュアル、トム、レズビアン、男性を好きな女性
ボート:女性、ゲイキング、ゲイクイーンのどれとも付き合うことができる男性(オカマは含まず)
ゲイクイーン:男性が好きな女らしいゲイ
ゲイキング:男性が好きな男らしいゲイ
トムゲイツーウェイ:トムゲイキングとクィーンのどちらにでもなりうるトム
トムゲイクィーン:トムが好きな女性っぽいトム
レズビアン:女性が好きな女性
オカマ:女性になりたい男性
アダム:トムを好きな男性
アンジー:トムを好きなオカマ
チェリー:ゲイとオカマが好きな女性
サムヤーン:レズビアン、トム、女性と付き合えてどれにでもなれる女性

以上18の性別があると言われています。

前回のLGBTの回で説明した性的志向性自認この二つの関係を性別と言う言葉で18個にまとめています。ここでいう性別は性的志向性自認のパターン数ですね。

続きは次回へ