タイ パスポートとビザ

海外旅行で一番重要な物ってなんだと思います?
お金、海外旅行保険、ホテルや飛行機のチケット手配、などなど思いつきますが、やはりパスポートが無ければ日本から飛び立つ事もで来ませんのでパスポートが一番かなと思います。
もちろんタイへ行くにはパスポートが必要になります。

タイ入国にはパスポートの残存有効期間が6ヵ月以上必要です。

まだパスポートを持ってない方、残存有効期間が足りない方は
パスポートの更新、新規取得をしましょう。

外務省パスポートHP

申請から発給までに7~10日掛かりますので余裕をもって申請してください。

有効期間が1年を切れば新しいパスポートへ切り替えができます。

タイへの旅行ではビザは必要?

往復航空券があれば30日以内の滞在ならばビザは要りません。観光目的で空路入国し、入国後30日以内に出国する航空券を持っている場合、ビザなしで30日滞在出来ます。(29泊30日)

陸路での入国の場合も30日ビザなしで滞在できます。

2014年よりビザなしでのタイ出入国が多数の場合はビザを取得してからタイへ入国するよう注意され入国を拒否されることもあるとのこと。

許可される日数以上滞在する場合は、原則としてビザが必要。観光ビザを取得していれば入国時に60日間の滞在が許可される。滞在期間の延長は許可制で、バンコク都内のIMMIGRATION BUREAUで延長手続を行う必要があり。許可される場合の延長期間は最大30日以内。

観光ビザ免除でタイに入国する場合はタイ滞在期間中の十分な資金を所有すること。(一人当たり現金10,000バーツ)

オーバーステイした場合、罰金は1日500バーツ、最高2万バーツ。

詳しくはタイ大使館などに問い合わせを。

休みも申請したし、パスポートも手元に有る、それじゃータイへ行こうかなって方は合わせて下の記事もお読みください。

Aerb カードケース RFID&磁気スキミング防止 「12クレカ+2パスポートスリーブ」

新品価格
¥1,299から
(2017/9/21 08:35時点)